PR

ニュース 経済

赤外線・テラヘルツ分光法市場ー機器タイプ別(ベンチトップ機器、顕微鏡機器、ポータブル機器、ハイフン付き機器)、スペクトル別、アプリケーション別ー世界的な予測2025年

SDKI Inc.

 SDKI Inc.は、「赤外線・テラヘルツ分光法市場ー世界的な予測2025年」新レポートを 2021年02月19日 に発刊しました。この調査には、赤外線・テラヘルツ分光法市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。レポートのサンプルURLhttps://www.sdki.jp/sample-request-110193

 赤外線分光法市場は、2020年の10億米ドルから2025年までに13億米ドルに達し、予測期間中に5.2%のCAGRで成長すると予想されます。市場の成長は、主に製薬業界の厳しい規制、食品安全上の懸念の高まり、赤外線技術における政府の増加、市場における技術の進歩などの要因に起因する可能性があります。

 テラヘルツ分光法市場は、2020年の3000万ドルから2025年までに4500万ドルに達し、予測期間中に8.3%のCAGRで成長すると予想されています。市場の成長は、主に国土安全保障におけるスクリーニング技術としてのテラヘルツ分光法の適用の増加、成長する半導体産業、および技術の進歩などの要因に起因する可能性があります。

市場セグメント

 赤外線・テラヘルツ分光法市場は、機器タイプ別、スペクトル別、アプリケーション別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ベンチトップセグメントは、2020年に最大の市場シェアを保持されました。

 機器タイプに基づいて、赤外線分光法市場は、ベンチトップ機器、ポータブル機器、顕微鏡機器、およびハイフン付き機器に分割されます。2020年には、ワークフローの改善、最小スペース要件、メンテナンス要件の削減など、ベンチトップ機器が提供する利点により、ベンチトップ機器セグメントが赤外線分光法市場で最大のシェアを占めました。

 製薬・バイオテクノロジーアプリケーションセグメントは、2020年に最大の市場シェアを保持しました。

 アプリケーションに基づいて、赤外分光法市場は、食品・飲料のテスト、製薬・バイオテクノロジーのアプリケーション、工業化学のアプリケーション、環境テスト、およびその他のアプリケーション(学術アプリケーション、法医学アプリケーション、バイオモニタリング、および農業アプリケーション)に分割されます。2020年に、製薬・バイオテクノロジーアプリケーションセグメントは、製薬業界の厳しい規制により、赤外分光法市場で最大のシェアを占めました。

 またテラヘルツ分光法市場は、アプリケーションに基づいて、半導体、国土安全保障、非破壊検査、研究開発に分割されます。2020年に、半導体セグメントがテラヘルツ分光法市場で最大のシェアを占めました。

中赤外線放射セグメントは、2020年に最大の市場シェアを保持しました。

 スペクトルに基づいて、赤外線分光法市場は、中赤外線、近赤外線、遠赤外線に分割されます。2020年には、中赤外線放射セグメントが赤外線分光法市場で最大のシェアを占めました。ヘルスケア・医薬品のアプリケーション数の増加と食品業界での広範な使用により、このセグメントの成長が促進されています。

地域概要

 地理的には、北米は2020年に世界の赤外線・テラヘルツ分光法市場を支配しました。しかし、アジア太平洋市場は予測期間中に最高を記録すると予想されます。アジア太平洋市場の成長を推進する主な要因には、主要企業による戦略的拡大、食品安全への懸念の高まり、技術的に高度な製品の採用などがあります。

 さらに、これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

 赤外線分光法市場の主要なキープレーヤーには、PerkinElmer(米国)、Bruker Corporation(米国)Shimadzu Corporation(米国)、Thermo Fisher Scientiific(米国)などがあります。一方、テラヘルツ分光法市場の主要なキープレーヤーには、TeraView Ltd(英国)、Advantest Corporation(日本)、Menlo Systems GmbH(ドイツ)などがあります。この調査には、赤外線・テラヘルツ分光法市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/infrared-terahertz-spectroscopy-market/110193

SDKI Inc.会社概要

 SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ