PR

ニュース 経済

全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォームの「Adictor」ユーザー数がサービスリリースから3ヶ月で累計2,000人を突破!

ログリー株式会社

 ログリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉永浩和、証券コード:6579、以下、ログリー)が運営する日本初(*1)の全大会賞金(*2)付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor(アディクター)」は、2020年11月のサービスリリースから累積エントリー数が累計2,000人を突破したことをお知らせします。

 サービスサイトURL:https://adictor.jp/

 (*1)2020年6月時点のトーナメント・eスポーツ大会プラットフォームサービスにおいて(当社調べ)

 (*2)賞金はサービス内専用の独自の企業通貨「AdictorCoin」として発行され、プレイヤーは任意のタイミングでギフト券等との交換をすることが可能です。

■Adictorとは

 「プロeスポーツ選手を目指すゲーマーと、eスポーツを応援したい気持ちを持つ個人や企業のスポンサーを結びつける」ことをコンセプトにコミュニティ大会への支援を通じてeスポーツ市場の拡大と新たなヒーローの創出を目指します。

 最大の特徴として、すべての大会に賞金を提供するほか、参加者の募集からトーナメントの自動生成機能や大会が終了後にログを残さないチャット機能など大会運営をワンストップで支援する機能を搭載しています。Adictor独自の経験値「XP」によるコアユーザー向け機能の実装や各種企画を連動させ、強いプレイヤーに称賛が集まる世界観を構築してまいります。

図:Adictorの大会開催数・会員登録者数の推移

■開発マイルストーン

 2020年12月9日の正式版リリース以降、3ヶ月間で下記の追加開発およびリリースを実施しました。

■今後の計画

 ユーザー基盤構築

 マーケティング施策を通じて、熱量の高いコミュニティへの地道なアプローチを重ね、強固なユーザー基盤を構築します。

 パブリッシャー向け施策の展開

 Adictorの認知拡大と共に、パブリッシャーと連携しコミュニティの共創を行っていきます。賞金支援プログラムの浸透など、同業界のリーディングカンパニーと共に取り組んで行く予定です。

 スポンサー獲得に向けた足場固め

 ROASやROIなどの事業貢献への影響を可視化し、各種スポンサー向け商品の実装を目指します。

 大会主催・参加者のみならず、視聴者を巻き込みさらなる規模拡大と独自の広告商品としての機能をご提案可能なレベルまで推し進めていきます。

 ■会社概要

 会社名:ログリー株式会社(東証マザーズ:証券コード6579)

 代表者:代表取締役社長 吉永 浩和

 本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス2F

 事業内容:メディアテクノロジー事業、アドテクノロジー事業、データマーケティング事業

 URL :https://corp.logly.co.jp/

 ログリーは、独自の「文脈を理解する技術」を武器にサービスを開発しています。「LOGLY lift」は日本で最初のネイティブ広告プラットフォームであり、一般的なWebサービス開発にとどまらず、自然言語処理、機械学習、各種アルゴリズム、データ解析、最適化技術など先進的な技術に貪欲に取り組んでいるテクノロジー会社です。

 ■本件に関するお問い合わせ先

 担当者名:事業企画部 藤澤

 TEL:03-3770-3287

 Email:adictor@logly.co.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ