PR

ニュース 経済

過酢酸市場ーアプリケーション別(消毒剤、滅菌剤、消毒剤)、最終用途産業別(ヘルスケア、食品・飲料、水処理、パルプ・紙)、および地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋)ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.

 SDKI Inc.は、「過酢酸市場ー世界的な予測2030年」の新レポートを2021年02月19日に発刊しました。この調査には、過酢酸市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。レポートのサンプルURLhttps://www.sdki.jp/sample-request-110197

過酢酸市場は、2020年の813百万米ドルから2030年までに16億8500万米ドルに成長し、7.6%のCAGRで成長すると予測されています。

 新アプリケーションと製品濃度は、殺生物剤業界で開発されることが期待されています。主要製造者は、さまざまなニッチおよび新しいアプリケーションに取り組んでおり、さまざまな業界で過酢酸の性能をテストするためのサンプル試験が行われています。

市場セグメント

 過酢酸市場は、アプリケーション別、最終用途産業別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

 アプリケーションに基づいて、消毒剤セグメントは予測期間中に過酢酸市場をリードすると予想されます。

 アプリケーション別に、過酢酸市場は、消毒剤、滅菌剤、消毒剤などに分割されます。消毒剤アプリケーションは、過酢酸市場で最大のシェアを占めており、2020ー2030年まで最大の市場セグメントであり続けると予想されます。過酢酸ベースの消毒剤は、廃水および下水廃棄物を処理するための水処理に使用できます。これは、水処理業界でより高い成長率で成長すると予測されており、主に浄化および配管消毒の目的で水処理システムで使用されます。

 最終用途産業に基づいて、廃水処理セグメントは、予測期間中に過酢酸市場で高い成長率を登録する予想されます。

 最終用途産業別に、過酢酸市場は、ヘルスケア、食品・飲料、水処理、パルプ・紙などに分割されます。廃水処理の最終用途産業は急増しており、今後5年間で高い成長率を記録すると予想されています。中国やインドなどのアジア太平洋地域の成長と発展を遂げている経済は、最終用途産業におけるインフラストラクチャと技術の発展に伴い、消毒剤の需要を増加させることが期待されています。水処理、食品・飲料、ヘルスケアなどの用途での過酢酸ベースの消毒剤の使用の急増により、市場は将来成長すると予想されます。

地域概要

 ヨーロッパ地域は、価値と量の面で、2020年ー2030年まで過酢酸市場をリードすると予測されています。ヨーロッパでは、過酢酸は主に汽水と廃水の浄化、消毒、浄化に使用されます。化学処理、食品・飲料、パルプ・紙などの産業は、この地域で過酢酸の需要が高いです。

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分けられます:

 アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)

 北米(米国およびカナダ)

 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

 ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

 ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

 過酢酸市場の主要なキープレーヤーには、Evonik Industries AG(ドイツ)、Solvay SA(ベルギー)、Mitsubishi Gas Chemical Company(日本)、Kemira Ojy(フィンランド)、Ecolab Inc.(米国)、Enviro Tech Chemical Services(米国)、SEITZ GmBH(ドイツ)、Jubilant Life Sciences(インド)、Sopura(ベルギー)、Christeyns(ベルギー)などがあります。この調査には、過酢酸市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/peracetic-acid-market/110197

SDKI Inc.会社概要

 SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ