PR

ニュース 経済

総務省、高額接待問題で局長ら2人の異動発表 事実上の更迭 

出邸する菅義偉首相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相=19日午前、首相官邸(春名中撮影)

 総務省は19日、情報流通行政局の秋本芳徳局長と湯本博信大臣官房審議官(情報流通行政局担当)を20日付で大臣官房付とする人事異動を発表した。2人は菅義偉(すがよしひで)首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」から高額の接待を受けたとして、総務省が調査を行っており、事実上の更迭とみられる。

 武田良太総務相は19日の記者会見で、「法案審議を控える中、諸情勢をかんがみ適所適材の配置として行うものだ」と説明。その上で懲戒処分についても「必要があれば速やかに行う」とした。

 後任の局長は吉田博史大臣官房総括審議官が兼務、湯本氏の業務は藤野克大臣官房審議官(国際技術、サイバーセキュリティ担当)が兼務する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ