PR

ニュース 経済

五輪スポンサーは橋本氏歓迎 「サポート継続」

「トヨタ工業学園」の卒業式であいさつする豊田章男社長=18日午前、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社
「トヨタ工業学園」の卒業式であいさつする豊田章男社長=18日午前、愛知県豊田市のトヨタ自動車本社

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に五輪相だった橋本聖子氏が就任し、スポンサー企業からは18日、歓迎する声が上がった。世界展開する企業の多くは、森喜朗氏が女性蔑視発言で会長を辞任したことで招いた国際的なイメージ悪化の払拭を願っている。スポーツと政治の双方で経験が豊富な橋本氏に、トップとしての指導力を期待する声が上がっている。

 橋本氏就任に、トヨタ自動車の豊田章男社長は「心より歓迎」するとコメントし、「世界中の人々に笑顔を届ける」大会へ協力を約束。みずほフィナンシャルグループも「引き続きのサポート」を表明するなど、各社が大会成功に向けた支援継続姿勢を明確にした。

 キヤノンは「橋本氏が夏・冬の五輪に出場し、選手・関係者から非常に厚い信頼を得ている」とした。全日本空輸も「メダリストであり、スポーツ界において大きな貢献を果たした」と評価した。

 さらに、NTTが「国内外の信頼獲得」や、東京ガスやNECが「リーダーシップ」などを橋本氏に要望。開幕まで5カ月と迫っている中で、「日本がワンチームとなれるよう力を発揮してほしい」と味の素が言及したほか、東京海上日動火災保険は「新体制での大会ビジョンの『多様性と調和』の実現」を指摘した。ENEOS(エネオス)は「いかなる差別をも伴うことなく、フェアプレーの精神に基づき」大会が行われるよう求めた。

 またブリヂストンは「厳正かつ公正な審議での決定」と、一連の混乱が解消し、組織委が透明性を持った運営となったことを支持する姿勢を示した。

 ただ、新型コロナウイルスの影響や森氏の問題発言などを深刻にとらえる企業は多い。東京商工リサーチが国内企業に実施した東京五輪・パラリンピックに関するアンケートでは、「予定通りの開催」を望んだのは全体の7・8%にとどまり、昨年夏に実施した前回調査22・5%から、約半年で大きく下落した。

 五輪・パラリンピック開催に向け、企業が自信を取り戻せるような環境作りも、橋本氏が背負った課題といえそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ