PR

ニュース 経済

森ビル、日本一の超高層住宅建設へ 東京・港区に

東京・港区で建設している超高層ビルのイメージ(東京タワーの左側)
東京・港区で建設している超高層ビルのイメージ(東京タワーの左側)

 森ビルは18日、東京・港区で建設している高さ330メートルの超高層ビルの最上部を住宅にすると発表した。ビルは日本一の高さとなる予定で、外資系ホテル「アマン」がサービスを提供する。最上階は東京タワーとほぼ同じ高さから東京を一望できる住まいとなり、周辺相場などを考慮すると「一戸につき最低でも数十億円はくだらない」(不動産業界関係者)との見方が出ている。

 住宅の名称は「アマンレジデンス東京」。全91戸で、ビルの54~64階(260~330メートル)に位置し、居住者専用のスパも備える。インターナショナルスクールも隣接させ、世界から富裕層を呼び込む計画だ。分譲か賃貸かは非公表としている。

 森ビルは虎ノ門、麻布台地区でこのビルを含む大規模な再開発を進めている。ビルの名称は未定だが、2023年の完成時には大阪市の「あべのハルカス」(300メートル)を抜いて日本一の高さになる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ