PR

ニュース 経済

エアバス、1400億円赤字 コロナ直撃で2年連続

 欧州航空機大手エアバスが18日発表した2020年12月期決算は、最終損益が11億3300万ユーロ(約1400億円)の赤字となった。赤字は2年連続。新型コロナウイルスの感染拡大が航空各社の業績を直撃し、航空機需要が大きく落ち込んだのが響いた。売上高は前期比29%減の499億1200万ユーロだった。

 航空機大手では、米ボーイングも20年12月期に巨額赤字を計上した。新型コロナの収束は見通せず、苦境が当分続く可能性がある。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ