PR

ニュース 経済

トヨタの訓練校で卒業式 250人が製造現場に

 「トヨタ工業学園」の卒業式であいさつする卒業生代表の今福小力さん(左)と豊田章男社長=18日午前、愛知県豊田市のトヨタ自動社本社
 「トヨタ工業学園」の卒業式であいさつする卒業生代表の今福小力さん(左)と豊田章男社長=18日午前、愛知県豊田市のトヨタ自動社本社

 トヨタ自動車の企業内訓練校「トヨタ工業学園」は18日、愛知県豊田市のトヨタ本社で卒業式を開いた。車両製造の専門技術を学んだ卒業生250人は3月1日に正社員として全国の工場や開発現場に赴任する。

 式典で豊田章男社長は「これからのトヨタを支える人材として心身ともに成長できるよう(今後も)サポートする」とあいさつ。卒業生代表の今福小力さん(18)は「小さなことをこつこつと努力するトヨタパーソンになります」と誓った。新型コロナウイルス感染対策のため、式典は出席者を絞って開催。報道陣にはインターネット中継で公開した。

 卒業生は中学卒業後に3年間学んだ高等部の126人と、高卒で1年間学んだ専門部の124人。トヨタ工業学園は1938年開校の豊田工科青年学校が前身で、これまでに約1万9千人が卒業した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ