PR

ニュース 経済

ホンダ社長に三部氏昇格 6年ぶり交代、電動化加速

社長昇格の方向で最終調整されているホンダの三部敏宏専務(同社提供)
社長昇格の方向で最終調整されているホンダの三部敏宏専務(同社提供)

 ホンダが八郷隆弘社長(61)の後任に三部敏宏専務(59)を昇格させる方向で最終調整していることが17日、分かった。近く正式決定する。三部氏は本田技術研究所の社長を兼務し、四輪車の研究開発を主導してきた。6年ぶりのトップ交代で、電気自動車(EV)など電動化への対応を加速させる。

 ホンダは四輪車の収益力強化が課題となっており、八郷氏は狭山工場(埼玉県狭山市)や英国南部スウィンドン工場の閉鎖を決定。自動車F1シリーズからの撤退も決めた。一方、電動車の開発では米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と提携を拡大し、コスト削減で生まれる経営資源を先進技術の開発に投じる方針を示している。

 三部敏宏氏(みべ・としひろ)広島大院修了。昭和62年ホンダ。常務執行役員などを経て令和2年6月から専務。大阪府出身。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ