PR

ニュース 経済

自動車労組、ベア要求見送り相次ぐ コロナ禍での業績悪化影響

会見する自動車総連の高倉明会長=17日、東京都港区(宇野貴文撮影)
会見する自動車総連の高倉明会長=17日、東京都港区(宇野貴文撮影)

 令和3年の自動車大手労働組合の春闘要求は、ホンダ、マツダ、三菱自動車の労組が新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化などを理由に、基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)の要求を見送った。大手の上げ幅が中小の上げ幅を押さえこみ、格差が縮まらない悪弊を解消するため、ベア要求額を示さない動きも一段と進み、トヨタ自動車とSUBARU(スバル)の労組はベア要求の有無そのものを示さずに交渉に臨む。電動化や自動運転技術などで競争が激化する厳しい環境に対応するため、一律の賃上げから働き方の改善などに軸足を移す流れがより鮮明となった。

 「競争力の源泉は人。賃上げを中心とした人への投資に徹底的にこだわる」

 自動車大手の労組が軒並み要求水準を前年から引き下げるなか、自動車総連の高倉明会長は17日の会見でこう語った。

 自動車総連は平成31年春闘から、大手と中小の格差是正のためとしてベアの統一要求水準を示さない方針に転換。令和3年春闘では日産自動車とスズキの労組がベア要求額を示さない動きに加わった。同総連の金子晃浩事務局長は「当初は数字を示さなければ、交渉できないという声もあったが、方針が浸透してきた」と手応えを述べた。

 ただ、各社はコロナの影響で販売が落ち込み、年明け以降は半導体不足を受けた減産などの課題にも直面。厳しい交渉が予想される。

 トヨタは2年春闘で、賃金水準はすでに国内トップレベルにあるとの判断から、ベアについてはゼロ回答を選択した。3年3月期連結業績は前年割れが見込まれる。

 三菱自は2年春闘で、年間一時金(ボーナス)については労使で「5・2カ月」で妥結したが、販売不振にコロナ禍が追い打ちとなり、「4・6カ月相当」に見直す事態に至った。

 3年3月期連結業績は3300億円の最終赤字を見込む。労組は3年春闘で年間一時金について「4・6カ月」を要求するが、会社側は「従来にも増して慎重に検討していく必要がある」とコメントした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ