PR

ニュース 経済

丸紅、リチウム電池のリサイクルで米社と提携

 丸紅は17日、米電池リサイクル事業者リトリブテクノロジー(オハイオ州)とリチウムイオン電池のリサイクル事業で提携したと発表した。廃電池からコバルトやニッケルなどの希少金属を取り出し、電池材料として再生する循環型事業を展開する。

 リトリブ社は電池のリサイクル事業を手掛け、有価金属を回収・販売。同事業では北米最大規模という。

 電気自動車(EV)の急速な拡大が見込まれる中、廃リチウムイオン電池も増えるとして、希少金属である硫酸コバルトや硫酸ニッケルなどを電池材料に再生する事業を、新たに丸紅と共同で進める。

 丸紅では、ザンビア産コバルトなど電池材料を全世界で販売しており、この販売ルートに乗せて、再生した電池材料も販売する。

 今年上期に試作を始め、来年から量産する予定だ。

 丸紅では、化学品の履歴情報管理システム開発会社と提携するなど、資源循環型の「サーキュラーエコノミー」関連事業強化を進めており、今回もその一環。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ