PR

ニュース 経済

曙ブレーキ検査不正11万件超 社長ら減給

検査データ改ざんなどの不正行為があったことについてオンラインで記者会見する曙ブレーキ工業の宮地康弘社長=16日午後
検査データ改ざんなどの不正行為があったことについてオンラインで記者会見する曙ブレーキ工業の宮地康弘社長=16日午後

 曙ブレーキ工業は16日、国内4工場で製造する自動車用ブレーキ製品で、検査データを改竄(かいざん)するなどの不正行為があったと発表した。対象製品は確認できた平成13年1月以降で計11万4271件に上り、トヨタ自動車や日産自動車など国内の完成車メーカー10社に納入していた。「製品の性能に問題はなく、リコール(無料の回収・修理)に発展しない」としている。

 経営責任を明確化するため、宮地康弘社長ら全執行役員の月額報酬を3カ月間10%減額する。宮地氏はオンラインによる記者会見で「再発防止に全力で取り組む」と陳謝した。

 不正行為は曙ブレーキ山形製造(山形県寒河江市)で5万5438件、曙ブレーキ岩槻製造(さいたま市)で5万5268件、曙ブレーキ福島製造(福島県桑折町)で2071件、曙ブレーキ山陽製造(岡山県総社市)で1494件あった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ