PR

ニュース 経済

ロイホとの提携、出遅れた双日には「渡りに船」

 総合商社では、伊藤忠商事のファミリーマートや、三菱商事のローソンに代表されるように、各社とも消費者と直結する事業を通じて市場の変化をとらえ、商社のサプライチェーン(調達・供給網)に生かす取り組みを加速させている。

 だが双日は、ファストフードチェーンの「なか卯」をゼンショーHDに譲渡するなど、小売り分野の取り組みの弱さが指摘されている。ロイヤルHDを持分法適用会社としてグループ化することも可能となる今回の提携は、小売り事業強化の足がかりとなるだけに、藤本社長の「渡りに船」発言も説得力を持つ。

 ただ、実際に消費者に近い小売り事業を手がけるとなると、これまで手がけてきた資源事業などとは異なる対応が求められる。ロイヤルHDのノウハウを取り込みながら、人材を早期に育成できるか。資本業務提携の先に待ち受ける課題は多い。(平尾孝)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ