PR

ニュース 経済

西鉄とLINE福岡、DX推進などで提携協定

連携協定を締結した西日本鉄道の倉富純男社長(左)とLINE福岡の鈴木優輔最高執行責任者
連携協定を締結した西日本鉄道の倉富純男社長(左)とLINE福岡の鈴木優輔最高執行責任者
その他の写真を見る(1/2枚)

 西日本鉄道と無料通信アプリLINE(ライン)の運営会社の子会社、LINE福岡は15日、業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を目指し連携協定を締結した。LINEグループが民間企業と同種の協定を結ぶのは初めて。両社は、協業の第1弾としてLINEのアプリで予約して定期券を販売所で並ばずに購入できるシステムを3月1日に導入する。

 予約システムは西鉄福岡(天神)駅の定期券販売が対象。これまで定期券販売所が混雑する3月と9月には1時間以上の待ち時間が生じていた。新システムで予約すると、順番が来ればLINEで連絡が届き、発売所内で行列をつくって待つ必要がなくなる。利用者には駅周辺の商業施設での割引クーポンを発行し、利用促進につなげる。

 両社は、電車やバスの混雑状況を西鉄のLINE公式アカウントで発信するシステムの開発などで協力を進めてきた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、事業構造変革を進める西鉄としては福岡市との協業で多くの実績があるLINE福岡のノウハウを活用し、業務改革を加速させたい狙いがある。一方、LINE側は市民生活に根差す西鉄との協業を「影響力が大きい」(鈴木優輔・LINE福岡最高執行責任者)と見ており、ブランド価値の向上を見込めるとしている。

 この日記者会見した西鉄の倉富純男社長は「どうしても四角四面で、縦割りになる私どもに、丸い横串を刺してもらいたい」とLINE側に期待を示した。

 鈴木氏は「どんどん提案してほしいという期待にしっかり応えていく」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ