PR

ニュース 経済

ビール大手、4社減収 20年12月期、業務用不振

 ビール大手4社の2020年12月期連結決算が15日、出そろった。新型コロナウイルス流行に伴う業務用の酒類販売が大きく落ち込み、4社とも減収となった。家飲み需要は増えたものの、業務用の不振を補えなかった。サッポロホールディングスは外食事業も打撃を受けて最終損益が160億円の赤字(前期は43億円の黒字)となった。通期の赤字は22年ぶり。

 サッポロの売上高に当たる売上収益は11・6%減の4347億円。10日にオンラインで記者会見した尾賀真城社長は「ビアホールやカフェチェーンなどが非常に大きな影響を受けた」と述べた。

 サントリーホールディングスは外出自粛により酒類のほか、自動販売機での飲料販売も振るわなかった。売上収益は7・8%減の2兆3676億円。最終利益は28・8%減の1004億円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ