PR

ニュース 経済

バス車内でテレワーク 東急が実証運行

インターネットが通じるバス車内で仕事をする乗客。パソコンで作業しやすいように乗客にはクッションが貸し出される(東急提供)
インターネットが通じるバス車内で仕事をする乗客。パソコンで作業しやすいように乗客にはクッションが貸し出される(東急提供)

 東急は15日、移動中のバス車内で仕事ができるサービス「Satelite Biz Liner(サテライト・ビズ・ライナー」の実証運行を報道各社に公開した。16日から4月28日までの約2カ月半、平日に実験的に営業する。実験期間後に通常営業運行するかは、需要動向をみて判断する。新型コロナウイルス禍に伴うテレワークの普及などを受け、バスに乗り込んだ時刻からテレワークを開始するという新たな働き方を提案する。

 運行するのはWi-Fiや化粧室が備えられた観光バス。この日は、東急田園都市線たまプラーザ駅(横浜市)のバス乗り場を午前9時ごろに出発し、10時すぎに渋谷駅のバスターミナルに到着。乗客は、車内で貸し出されるクッションを膝の上に乗せ、その上にパソコンを置いて仕事を始めた。

 片道運賃は、最も安い区間で1000円、最も高い区間で2300円。東急線通勤定期券の所有者は割引価格で購入できる。16日からは、東急バス新羽営業所、田園都市線市が尾駅、たまプラーザ駅(全て横浜市内)にあるバス乗り場を午前8~9時台に出発し、渋谷駅、東京駅南口の乗り場に午前10時台に到着するダイヤを組む。復路は、都内の2駅を午後4~5時台に出発し、横浜市内の3つの乗り場に午後5~6時台に到着する予定だ。

 東急の開発責任者は「沿線にはコロナで働き方が変わった人たちが多い。新しい生活様式に適するか需要を見極めていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ