PR

ニュース 経済

東北新幹線、運転見合わせ 設備被害、秋田・山形も

 宮城、福島両県で震度6強を観測した地震で、JR東日本は14日、東北新幹線の一部設備に被害が確認されたとして、那須塩原-盛岡間で運転を見合わせた。秋田、山形両新幹線も全線で見合わせた。15日は東北の同区間と秋田の全線、山形の東京-福島間で運転を見合わせ、復旧を急ぐ。

 JR東日本によると、線路脇に設置された電柱が傾くなどの被害が見つかった。

 東北新幹線東京-那須塩原間は14、15の両日、1時間に1本程度走らせる。盛岡-新函館北斗では一部運休。山形新幹線福島-新庄間は15日の始発から本数を減らして運行する。

 新幹線の運休に伴い、日航は14、15日、羽田や大阪と東北の空港を結ぶ臨時便を運航するほか、一部の便で当初より席数の多い機体を使用。全日空も両日に羽田-秋田の臨時便を1往復設定するなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ