PR

ニュース 経済

アストラゼネカ、月2億回分を超える生産体制整備へ

英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)
英製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大が共同開発した新型コロナワクチン(同社提供)

 【ロンドン=板東和正】英製薬大手アストラゼネカは11日、月2億回分を超える新型コロナウイルスワクチンを生産できる体制を4月までに整備する方針を示した。他社と提携するなどして増産し、2月の生産量の1億回分超から倍増させる考えだ。

 アストラゼネカ製のワクチンは安価な上、2~8度の温度で保管が可能なため、一般の冷蔵庫でも対応できるのが特徴。設備の乏しい途上国を含めたワクチンの普及に期待がかかっている。日本政府との間でも1億2千万回分の供給契約を結んでおり、今月5日に厚生労働省に承認申請した。アストラゼネカは、ワクチン増産に向け、ドイツのバイオ医薬品企業IDTビオロギカと提携すると発表している。

 アストラゼネカ製ワクチンをめぐっては、英メディアなどが南アフリカの変異株に感染した軽症者への効果は限定的だったと報道。南アフリカが開始予定だった接種を見合わせていた。

 しかし、世界保健機関(WHO)の専門家会議は10日、同ワクチンについて「接種を控える理由は見当たらない」との暫定勧告を公表。65歳以上に対しても推奨する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ