PR

ニュース 経済

中国IT大手・テンセント幹部拘束か 米紙報道…反腐敗で取り調べ

中国IT大手テンセントのロゴ(ロイター)
中国IT大手テンセントのロゴ(ロイター)

 米紙ウォールストリート・ジャーナルは11日までに、中国IT大手の騰訊控股(テンセント)の高級幹部が中国当局に拘束されたと報じた。昨年、当局による調査が公表された孫力軍・元公安次官との間で、個人情報を不正に共有した疑いがあるとしている。関係者の話として伝えた。

 幹部の名前は張峰氏で、昨年初めから「反腐敗」に関わる当局の取り調べを受けているという。

 一方で、テンセントが公開する経営陣に張氏の名前は存在しておらず、同社は張氏が上級管理職に在籍したことはないと主張している。テンセントの担当者は共同通信に対し、調査は個人の汚職に関わることで、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」などには関係がないと説明した。

 中国共産党中央規律検査委員会などは昨年4月、孫氏を重大な規律違反と法律違反の疑いで調査していると発表した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ