PR

ニュース 経済

JT、グループで3000人削減へ

オンラインで開いた記者会見で、国内事業の人員削減について説明する日本たばこ産業(JT)の寺畠正道社長=9日午後
オンラインで開いた記者会見で、国内事業の人員削減について説明する日本たばこ産業(JT)の寺畠正道社長=9日午後

 日本たばこ産業(JT)は9日、社員1000人の希望退職を含めたグループでの約3000人の大規模な人員削減を実施すると発表した。工場閉鎖に加え、全国の支社を削減することなどで、事業規模を縮小させ、国内のたばこ需要減少に対応する。

 今回、九州工場(福岡県筑紫野市)と子会社の日本フィルター工業の田川工場(同田川市)を来年3月末で廃止することを決定。同時に、現在国内に145ある営業拠点を47拠点体制にすることで、生産、営業体制をともに縮小させる。これによって、本社社員1000人の希望退職とパートタイム勤務者1600人や、定年退職後の再雇用者150人の退職勧奨などを実施する。

 また、これまでの国内たばこと、海外たばこの2事業体制を改め、たばこの開発や営業方針などを国内外で一本化する。

 寺畠正道社長は9日の会見で、「この5年間でたばこ事業は収益で3分の1減少した。黒字で余力がある段階で事業適正化を図る」と説明した。経営効率を高め、加熱式たばこ事業の強化を図る戦略だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ