PR

ニュース 経済

ソフトバンクG、最終益3兆551億円 前年同期比6・4倍 2年4~12月期

ソフトバンクの店舗=東京都中央区(桐原正道撮影)
ソフトバンクの店舗=東京都中央区(桐原正道撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ソフトバンクグループ(SBG)は8日、令和2年4~12月期の連結最終利益が前年同期比6・4倍の3兆551億円になったと発表した。同社の4~12月期として過去最高益。世界的な株高や約10兆円を運用する傘下の投資ファンドの出資先企業による新規株式公開(IPO)などを受け、投資先の含み益が大幅に膨らんだ。

 売上高は前年同期比6・1%増の4兆1380億円だった。

 傘下の投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」では投資先の企業価値が改善し、約2兆7千億円もの投資利益を計上した。昨年12月には投資先である米料理宅配大手のドアダッシュがIPOをして巨額の含み益をもたらした。

 米携帯電話大手TモバイルUSなどの株式売却益も収益拡大に寄与した。また、通信子会社ソフトバンクの高水準の利益なども貢献した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ