PR

ニュース 経済

首都圏の終電繰り上げ、緊急事態解除でも継続

 JR東日本と大手私鉄などは5日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い首都圏で実施している終電時刻の繰り上げを、3月12日まで続けると発表した。緊急事態宣言が同7日までに解除された場合でも元に戻さない。同13日のダイヤ改正後は対象路線などを変え、終電を引き続き早める。

 継続を発表したのはJR東のほか、東急電鉄、東京メトロ、東武鉄道、西武鉄道、京王電鉄、小田急電鉄、東京モノレール、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)など。1月20日から深夜帯の一部列車を運休して終電を最大10~30分程度早めている。

 3月13日からはダイヤ自体を改正して繰り上げる。対象路線や行き先などが異なるとして各社が注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ