PR

ニュース 経済

フォード、電動化に3兆円 脱炭素、米政権に呼応

 米自動車大手フォード・モーターは4日、2025年までに電気自動車(EV)と自動運転技術の分野に計290億ドル(約3兆円)を投資すると発表した。脱炭素化を進めるバイデン米政権に呼応し、電動化を加速する。

 ファーリー最高経営責任者(CEO)は声明で「EVと自動運転車の普及に向けたけん引役を担う」と強調した。EVには従来計画のほぼ2倍となる220億ドルを振り向ける。旺盛な需要が見込めるスポーツタイプ多目的車(SUV)や商用バン、ピックアップトラックの開発に力を入れる。

 環境規制強化の流れを背景に、世界のEV市場は欧州や中国を中心に急拡大中。先行する米テスラを欧米の自動車大手が追う展開だ。フォードのライバル、米ゼネラル・モーターズ(GM)は25年までにEVと自動運転技術分野に計270億ドルを投資する計画で、35年までに新車を全面的に電動化する目標を打ち出している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ