PR

ニュース 経済

ヤマダHD営業利益2倍超 巣ごもりで家電好調

 家電量販店大手のヤマダホールディングスが4日発表した令和2年4~12月期連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益が前年同期の2倍超の744億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり需要」で、冷蔵庫やゲーム機などが好調だった。

 売上高は前年同期比5・3%増の1兆2830億円、最終利益は72・2%増の427億円。出店数が多い郊外店の販売が伸びたほか、オンライン通販の拡充も寄与した。

 他の家電量販店大手の2年4~12月期連結決算も軒並み増益となり、エディオンの営業利益は約2・3倍の230億円、ケーズホールディングスは74・3%増の455億円、ノジマは40・4%増の244億円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ