PR

ニュース 経済

ACSL、ドローン使った屋内作業ソリューション ブルーイノベーションと共同展開

自律制御システム研究所がブルーイノベーションと共同開発したドローンを使った物流業務ソリューション(自律制御システム研究所提供)
自律制御システム研究所がブルーイノベーションと共同開発したドローンを使った物流業務ソリューション(自律制御システム研究所提供)

 ドローン(小型無人機)開発の自律制御システム研究所(ACSL)は28日、システム構築事業者(SI)のブルーイノベーション(東京都文京区)と、ドローンを使った屋内作業ソシューションを共同で開発し、受注を始めたと発表した。主に点検業務や物流施設の屋内作業に、新たな技術を取り入れ、作業の効率化を促す。

 点検業務向けは、人工知能(AI)を搭載したドローンが機器などを監視。監視で得られたデータは第5世代(5G)移動通信システムで電送する。深夜などでは人の代わりに点検業務に充てられる。

 物流施設向けは、電子タグ(荷札)を読み取る装置を積んだドローンに遠隔で指示し、指定された自動倉庫の棚から製品を取り出せる。ネット通販などの普及で物流量が増えており、物流業務の効率化に役立つ。

 ACSLは自律制御技術と非GPS(衛星利用測位システム)環境下での自己位置推定技術に強みを持つ。またブルーイノベーションも複数のドローンを動かすためのソフトウエア開発などが得意だ。今回のソリューションの開発では、両社の強みを融合させた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ