PR

ニュース 経済

春闘スタート コロナで賃上げ難しく

労使フォーラムの冒頭、中西宏明会長のあいさつを代読する経団連の久保田政一事務総長=26日、東京都千代田区(代表撮影)
労使フォーラムの冒頭、中西宏明会長のあいさつを代読する経団連の久保田政一事務総長=26日、東京都千代田区(代表撮影)

 経団連は26日、主要企業の経営者や産業別労働組合の代表らが参加する「労使フォーラム」を東京都内で開き、令和3年春闘が事実上スタートした。新型コロナウイルス禍で企業の経営環境が悪化する中で、労組の中央組織である連合は前年同様、従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)2%程度を求めており、激しい交渉が予想される。コロナ禍で取り組みが本格化したテレワークなどの働き方改革も焦点になる。

 リンパ腫で入院治療中の経団連の中西宏明会長が欠席し、感染防止のため、ほぼオンラインを通じて議論が行われるなど、異例の開催となった。

 中西氏はこの日のメッセージで雇用維持などの重要性を強調し「コロナ禍を乗り越えるため何をすべきか、真摯な議論が求められる」と呼び掛けた。さらにコロナ禍で企業業績にばらつきがあり、横並びの賃金引き上げは難しいと指摘し「自社の実情に合った賃金決定の重要性」を強調した。久保田政一事務総長が代読した。

 一方、連合の神津里季生会長は講演で、「20年間、先進国の中で日本だけが賃金が上がらない」として、コロナ禍でも賃上げが欠かせないと強調した。

 春闘は今後、27日に経団連と連合幹部が課題を話し合う会合を開催。2月中旬に、自動車、電機など大手企業の労組が経営側に要求書を提出し、3月中旬ごろの集中回答日でヤマ場を迎える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ