PR

ニュース 経済

ヨドバシHD、JR仙台駅東口に新商業施設建設へ

JR仙台駅東口エリアに新たに建設される「ヨドバシ仙台第1ビル」(右)と現在「ヨドバシカメラ」が入居する「ヨドバシ仙台第2ビル」(左)(ヨドバシホールディングス提供)
JR仙台駅東口エリアに新たに建設される「ヨドバシ仙台第1ビル」(右)と現在「ヨドバシカメラ」が入居する「ヨドバシ仙台第2ビル」(左)(ヨドバシホールディングス提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 家電量販店大手のヨドバシホールディングス(HD、東京都新宿区)は26日、JR仙台駅東口エリアに新たに複合商業ビル「ヨドバシ仙台第1ビル」を建設すると発表した。令和5年春の竣工(しゅんこう)、開業を予定している。

 同HDによると、建設が決まったビルは、地上12階・地下1階建てで、延べ床面積は約7万6500平方メートルの規模となる見込み。「ヨドバシカメラ」が入居する「ヨドバシ仙台第2ビル」に近接し、現在は平面駐車場として利用されている場所に建設される。ヨドバシカメラなどの商業施設に加え、オフィスも入居可能だという。

 同HDの担当者は「(仙台駅の)東口の活性化に寄与できるよう(計画を)進めていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ