PR

ニュース 経済

バトンズ、「買い手オファー」機能を公開

株式会社バトンズ

 売り手や売り手アドバイザーから、買い手へ提案をすることが可能に

 M&A総合支援プラットフォーム「Batonz(バトンズ)」を運営する株式会社バトンズ(本社:東京都千代田区、代表取締役 兼 CEO:大山敬義、以下バトンズ)は、売り手や売り手アドバイザーが、買い手の買収希望条件を検索して提案できる「買い手オファー」機能を公開しました。

 【「買い手オファー」の概要】

 これまでのM&Aプラットフォームでは、掲載されている売り案件に買い手がアプローチする仕組みが一般的でした。バトンズでは、売り手と買い手のマッチング機会を最大化することを目的として、2021年1月12日より「買い手オファー」機能を公開しました。「買い手オファー」を活用することにより、売り手と売り手アドバイザーが買い手の買収希望条件を検索し、条件に合った買い手に対して直接提案をすることが可能になります。

 売り手と売り手アドバイザーのアカウントには「買い手を探す」機能が追加され、買収を希望する業種・地域・予算などを確認した上で、条件が合う買い手へ提案をすることができます。メッセージでは売り手・買い手ともに匿名でのやりとりになりますので、「まずは話をしてみたい」という段階でも、重要な情報を守り、安全にご利用いただくことができます。

 <「買い手を探す」機能から、条件の合う買い手を検索>

 <買い手の買収を希望する業種・地域・予算などを確認>

 <匿名メッセージで提案することが可能>

 【「買い手オファー」の活用方法】

 <売り手>

 これまで、バトンズへ案件を掲載してからは買い手からのアプローチを待つことしかできませんでした。「買い手オファー」を活用することで、自身の案件を引き継いで欲しい買い手を探して積極的にアプローチをすることが可能になりました。

 <買い手>

 買収希望条件を公開しておくことで、売り手から直接提案を受け取ることができます。買収先の選択肢として考えていなかった売り手から提案を受けたり、売り手アドバイザーから「非公開案件」の提案を受ける可能性もあるので、これまで接触する機会が無かった売り案件に出会うことができるようになります。

 <M&A支援専門家>

 ご自身がM&A支援している売り案件を、買い手へ積極的に提案することができます。また、売り手がM&Aプラットフォームで広く買い手を募ることに抵抗感を持っている場合でも、「非公開案件」として任意の買い手だけに個別に提案することができますので、バトンズを活用して効率的に買い手とマッチングさせることができます。また、買い手となる顧客の買収希望条件を開示しておくこともできますので、売り手や売り手アドバイザーからの案件提案を受け取ることもできます。

 【株式会社バトンズについて】

 会社/事業のあとつぎを探すためのM&A総合支援プラットフォーム「Batonz」の運営と、中小企業の経営支援を行う専門家のための業務支援サービス「Batonzパートナープログラム」を提供しています。

 2021年1月現在、「Batonz」の累計ユーザー登録数は95,000者超、累計成約実績数536件となっており、国内最大級のM&A総合支援プラットフォームです。バトンズは、価値ある事業を次世代へバトンタッチする後押しをすることで「誰でも、何処でも、簡単に、自由に、M&Aが出来る社会」の実現を目指しています。

 【会社概要】

 会社名 : 株式会社バトンズ

 所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号

 設立 : 2018年4月

 資本金:2億7,512万円

 代表取締役 兼 CEO: 大山 敬義

 事業内容 :インターネットを利用したM&Aマッチング/経営コンサルティングウェブサイトの企画、制作、運営及び管理/M&Aに関する各種教育

 会社HP:https://batonz.co.jp/

 【バトンズが提供するサービス】

 Batonz(バトンズ)https://batonz.jp/

 Batonz パートナープログラム https://batonz.jp/lp/expert

 バトンズM&A大学 https://batonz.jp/lp/macollege/

 Batonz Ventures(バトンズ ベンチャーズ)https://batonz-ventures.jp

 -本リリースの元記事はこちら-

https://batonz.co.jp/news/2021-01-14/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ