PR

ニュース 経済

湘南のフレンチ店が養殖チョウザメの自家製キャビアコース神奈川県内初のチョウザメ養殖に成功、キャビアがデビュー

有限会社エスプリ・デキップ

 初の養殖キャビアや県内産トリュフを使う、全品が地産地消のフレンチコース作りに挑戦!売上激減のミシュラン掲載レストランがお客様に魅力あるコースを作り、コロナ禍を生き残る

 湘南や横浜を拠点にレストラン事業を展開する「有限会社エスプリ・デキップ(神奈川県平塚市)」は、平塚のフレンチレストラン アッシュ×エムの集客の目玉の一つとして、神奈川県内で養殖するチョウザメから採れる自家製キャビアを使ったコースをスタートいたします。キャビアと言えばトリュフ、フォアグラに並ぶ世界3大珍味の一つ。これまでは海外からの輸入品でしか味わえなかった希少で貴重な高級食材が、湘南発の地産地消コースの目玉として登場します。

 コロナ禍に苦しむレストランが地元生産者たちとタッグを組み、集客策として前菜からデザートまで全ての料理を地場産の食材を使ったローカル&スローフード(地産地消)コースに挑戦します。

 (コースイメージ(※変更の可能性あり))

 藤沢生豚(なまはむ)と季節のフルーツ/チョウザメのスモークと自家製キャビアのアンサンブル/湘南チキンのコンソメスープ/相模湾の朝獲れ鮮魚と湘南ハマグリのナージュ/みやじ豚の低温真空ロースト 神奈川県産黒トリュフのソース/薫る野牧場の生乳と平塚産はるみ米のリオレ 湘南イチゴソース。

 中でも注目なのが、神奈川県初となる地元産養殖キャビア。フレンチにとって料理に華を添える欠かせない食材。

 三浦半島の湧水地で6~7年間かけ育てた希少なチョウザメから卵を採り、全てが無添加の自家製。

 キャビアと並ぶ高級食材のトリュフも地元産にこだわる。実はここ数年神奈川でもトリュフが見つかっており、薫り高い地元産が届き始めています。

 大人数での会食や新年会の需要が見込めないこのコロナ渦中にあっても、店として生き残りを賭け何とか集客を図るために、他店にはないオリジナルで特徴的なコースを打ち出すことで集客を狙います。

 またこれらの料理はテイクアウトやデリバリーでも提供が可能で、ステイホームをしながらプロの味が楽しめます。

 ■実施店概要

 店名:湘南ハッピーキュイジーヌ アッシュ×エム

 住所:神奈川県平塚市夕陽ヶ丘3-5

 連絡先:0463-27-2171

 URL: http://b-h-m.com/

 ■取材依頼・問い合わせ先

 会社名:有限会社エスプリ・デキップ

 住所:神奈川県平塚市夕陽ヶ丘3-5

 担当者:相山洋明、手塚善大

 連絡先:TEL&FAX 0463-27-2171 Mobile:090-9334-8643

 Mail:h.aiyama@b-h-m.com

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ