PR

ニュース 経済

【顧客起点マーケティングの自社運用が可能に】 顧客戦略立案支援ツール「9segs analyzer※」を開発- 1月14日より新サービスと共に提供を開始 - ※特許取得済み

M-Force株式会社

 「顧客戦略」を導き出す独自のフレームワーク「9segs(R)」により「経営とマーケティング」をつなぐM-Force株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長 祐、以下M-Force)は、「9segs(R)?」に基づいた顧客起点マーケティングの自社運用を可能にする顧客戦略立案ツール「9segs analyzer」を開発し、2021年1月14日に9segs(R)?導入・運用支援する新たなサービスを開始いたします。

■ 開発の背景:

 従来、M-Forceは、9segs(R)?フレームワークを用いた「顧客起点マーケティングモデル」における課題の整理から戦略の導出、効果検証までをハンズオンで支援してきました。これまで多くの企業や多岐にわたるカテゴリを支援する中で、顧客起点の戦略策定の重要性を実感いただいた経営者の方々からニーズとして挙げられたのは、「顧客起点マーケティングモデル」を自社で運用し、組織に根付かせたいということでした。そのニーズを受け、M-Forceは、企業が自社で顧客起点マーケティングを実施・運用できるシステムを開発しました。

■ サービス概要:

 顧客戦略立案支援ツール「9segs analyzer」を含む新サービスの提供で「9segs(R)?に基づく顧客起点マーケティング」の自社運用を支援

 この度、「顧客起点マーケティングモデル」の導入企業が、自社で迅速に精度の高い9segs(R)分析を行える顧客戦略立案支援ツール「9segs analyzer」を開発。これにより、組織が一体となり「競合と自社との相対的なポジションの把握」や「顧客戦略の策定・強化」および「顧客動態の測定」といった9segs(R)フレームワークに基づくPDCAサイクルを高い精度で運用することを可能にし、マーケティングの投資対効果の最大化を実現します。

 本サービスに含まれる顧客戦略立案支援ツール「9segs analyzer」は、特許取得済みです。

 M-Forceは今後も、9segs(R)?フレームワークで導き出す顧客戦略によりマーケティングの投資対効果を飛躍的に高めることで、継続的な事業成長の実現を支援してまいります。

■ 9segs(R)について

 9segs(R)とは自社ブランド・競合ブランドを「9つの顧客セグメント」に分解し、顧客情報を戦略的に分析する手法で、多くの企業や多岐にわたるカテゴリで導入され、飛躍的な成長を実現しているフレームワークです。自社ブランド・競合ブランドの顧客情報(デモグラフィックや価値観などの顧客像や、ブランドに対するイメージにまつわる情報、価値観・購買習慣・メディア接触など)を数値化し、どういったアプローチが顧客を動かしビジネスやブランドを伸ばしうるのかの精緻な分析により、顧客戦略を策定することができます。数値で裏付けられた顧客戦略は、組織に明確な方向性とフォーカスを与え、効果性の高い施策の開発や実行において重要な羅針盤となります。

 【M-Force 会社概要】

 会社名 :M-Force株式会社

 代表取締役 :長 祐

 住所 :東京都渋谷区猿楽町18番8号 ヒルサイドテラスF-201

 設立 :2019年1月

 事業内容 :顧客起点で経営とマーケティングを繋ぎ、事業成長を支援

 「顧客戦略」策定・活用支援、「顧客施策」の効果検証、および「顧客戦略」に基づいた事業の成長予測とリスク予測

 ウェブサイト: https://mforce.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ