PR

ニュース 経済

仕事観を切り口にした働き方の未来に関するレポート「WORK VIEW 2021 -ポストパンデミックの仕事観-」を公開

コクヨ株式会社

 日本人の仕事観は7種類?!

 コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田英邦)は、2021年1月14日(木)に、ポストパンデミックにおける仕事観や働き方を記したレポート「WORK VIEW 2021 -ポストパンデミックの仕事観-」を公開いたします。

 新型コロナウィルス感染症の流行は、日本のワーカーにどのような影響をもたらしたのでしょうか。それを明らかにするため、コクヨ ワークスタイル研究所では日本のワーカー約6,000名を対象に意識調査を実施し、ポストパンデミックのワーカーの特徴をレポートとしてまとめました。

 本レポートでは「仕事観」を切り口に、これからの働き方や「働く」へのニーズを紐解きます。例えば、「ワーカーの『働く』を充足する11の体験要素」や「仕事観を構成する7つの要素」、「オフィスに求められる役割」など、これからの働き方やワークプレイスを設計する指標となりうるデータを示しています。さらに、組織のありたい姿の実現に向けて、働き方を有効活用する戦略についても提言します。

 経営部門、総務・人事部門など組織の働き方を設計される方はもとより、自分自身の働き方を再検討したい一人ひとりのワーカーにとっても有益な情報が詰まったレポートに仕上げております。

■「WORK VIEW 2021 -ポストパンデミックの仕事観-」のコンテンツ

 第1章:プロローグ

 第2章:「働く」を充足する体験要素 -Work Experience Factor-

 第3章:日本人の「働く」に対する価値観

 3-1:仕事観の構成要素 -Work View Factor-

 3-2:仕事観によるワーカーの7分類 -#workTag-

 第4章:働く場(ワークプレイス)への意識

 4-1:働く場の自由化がワーカーに与える影響

 4-2:オフィスに求められる役割

 第5章:仕事観から紐解く働き方戦略の未来

 5-1:持ち味が生きる環境ポートフォリオ

 5-2:働き方を活用した組織戦略 -AICSサイクル-

 第6章:エピローグ

 レポートダウンロードサイト:https://kokuyo.jp/workview2021

 ■ご参考

 ・コクヨ ワークスタイル研究所とは

 ワークスタイル研究所は、働き方を問い続ける組織です。

 ワーカーや組織を取り巻く「はたらく、くらす、まなぶ」をリサーチし、ワークスタイルの今とこれからを世の中へ発信していきます。

 【お問い合わせ先】

 コクヨお客様相談室:0120-201-594

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ