PR

ニュース 経済

クラウドファンディング達成!SNS誹謗中傷を止める「#この指とめよう」の屋外広告が1月18日から渋谷に掲出。

株式会社GO

 みんなでつくる広告機構AD FOR GOODは、SNS誹謗中傷を止めるためのメッセージ広告「#この指とめよう」を、2021年1月18日(月)から1月31日(日)まで渋谷に掲出します。場所は渋谷スクランブル交差点近くのMAGNET by SHIBUYA109 ビッグボード。AD FOR GOODは、株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:家入 一真 ) とThe Breakthrough Company GO(本社:東京都港区 / 代表取締役:三浦崇宏・福本龍馬) による社会課題を解決するための広告を掲出するためのプロジェクトです。

■「#この指とめよう」 クラウドファンディング の結果について

 同プロジェクトは、2020年10月28日(水)より CAMPFIRE にてクラウドファンディングを開始し、約1ヶ月で3,216,386円の支援金を集めることに成功。Twitterを中心に反響は大きく、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんもツイートを拡散しました。このキャンペーンを応援したのは、漫画「ちはやふる」作者の末次由紀さん、参議院議員の蓮舫さん、ブロガーのはあちゅうさん、脳科学者の茂木健一郎さん、ジャーナリストの治部れんげさん、古田大輔さん、実業家のけんすうさん、女子大生マーケターのくつざわさん、認定NPO法人D×P代表の今井紀明さん、新R25の渡辺将基さん・須田瞬海さんら著名人の方々でした(順不同)。

■「#この指とめよう」 渋谷の屋外広告の内容について

 今回掲出するポスターには、著名人の方々の実体験やTwitter上での反応をエッセンスとした新たな啓発コピーを記載しました。新撮したグラフィックにはプロジェクト関係者のリアルな「指」を使用してビジュアルインパクトを強めています。

 #この指とめよう 屋外広告MAGNET by SHIBUYA109 ビッグボード(渋谷スクランブル交差点近く)

 ※これらの画像は版権フリーです。SNS誹謗中傷を止めるためにお使いください。

 支援企業としては「新R25」、「イングリウッド」、「reynato.tokyo」、「NO WALLs」、「JUVENAGE」、「WiTH PAiN」などメディア業界、WEB業界、など中心とした企業様にご支援金をいただき、今回の渋谷の屋外広告にロゴが掲出されています。また広告媒体を無償提供いただいた企業として「東電タウンプランニング」、「エビリー」からは六本木・渋谷・横浜のHitoikiVisionを提供、「SHIBUYA109エンタテイメント」からはMAGNET by SHIBUYA109 7Fのサイネージ広告枠を、「ニューステクノロジー」からはNT VISION SHIBUYAを提供いただきました。またクラウドファンディングの支援金をいただいた方からも、希望者のお名前とコメントを屋外広告に記載しています。

 ※この画像は、1月18日(月)から公開する屋外広告のイメージです。

 #この指とめよう クラウドファンディング支援者のお名前とメッセージを、屋外広告に記載。

■今後の活動、一般社団法人「#この指とめよう」設立について

 今後の活動につきましては、一般社団法人「この指とめよう」を2021年春以降に設立します。理事は「#この指とめよう」発起人のThe Breakthrough Company GO コピーライターの小竹海広(@0dake)が務めます。SNS誹謗中傷をリアルタイムに啓発するデジタル広告や、啓発のためのインフルエンサーネットワーク、LIVE配信イベント、若年層向けの教材制作などを主な活動内容とする予定です。ご取材・寄付・新規共同プロジェクト等のご相談につきましては、info@GOinc.co.jp まで、お問い合わせ下さいますと幸いです。

 #この指とめよう SNS投稿用の横型バージョン

 ※これらの画像は版権フリーです。SNS誹謗中傷を止めるためにお使いください。

 なお高解像度版は小竹海広のTwitterにダウンロードリンクがあります。

https://twitter.com/0dake

■この指とめよう AD FOR GOOD 主催 小竹海広(@0dake)のコメント

 現在、誹謗中傷ホットラインや発信者情報開示請求の短縮化などが世の中で進んでいますが、2020年は2019年に比べて誹謗中傷をしたTwitterアカウントが約1.25倍に増えました。件数では8000万件/年以上あります。セーフティネット・法規制・テクノロジーによる解決だけでなく、「そもそも誹謗中傷をしない/させない」という全ての人の心にむけた道徳的・感覚的なアプローチが大切だと考えています。「#この指とめよう」のメッセージ広告は、多くの支援の声や寄付に支えられて屋外広告を実現することができました。ご支援いただいた皆様、本当に、本当に、ありがとうございます。緊急事態宣言の発令もあり、屋外広告というメディアで啓発広告を行うことに迷いはありました。ですが、コロナ禍で誹謗中傷は加速するという社会的な分析もあるので、やはり感染が広がる今アクションを起こすことが大切だと考えて予定通りの実施に踏み切りました。屋外の交通量が減る分、SNSでの拡散やWEB上でのPRやテレビなどで情報拡散していければと思っています。少しでもSNSが豊かで健やかな環境になるために、引き続き啓発活動を続けて参りますので、ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。誹謗中傷とめたい人、この指とまれ!

■株式会社CAMPFIREについて

 あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、"資金調達の民主化" をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在までに45,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ420万人以上、流通金額は370億円に達しました。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

 名称:株式会社CAMPFIRE

 代表取締役:家入 一真

 所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F

 設立:2011年1月14日

 資本金:40億3,888万円(資本剰余金含む)

 事業内容:購入型クラウドファンディング事業、寄付型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、 株式投資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営

 株式会社CAMPFIRE:https://campfire.co.jp

 クラウドファンディング「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp/

 ■The Breakthrough Company GOについて

 電通・博報堂より独立した三浦崇宏と福本龍馬によって設立。通常の広告・PR会社の領域を超えて、“事業クリエイティブ”を標榜。クリエイティビティを核に大企業の新規事業立ち上げから事業成長のサポートまで手がける。また、PR発想とクリエイティブを掛け合わせた、ニュースになるプロモーションを得意とする。

 The Breakthrough Company GO:https://goinc.co.jp/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ