PR

ニュース 経済

レンジャーシステムズとビー・ビー・バックボーン、sXGP方式を用いたプライベートLTEシステムの販売ならびに構築、運用において協業を開始

レンジャーシステムズ株式会社

 モバイルネットワークの構築から運用保守とIoTデバイスの開発、製造およびサービスの開発、提供、運用までをワンストップで提供するレンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:相原 淳嗣、以下「レンジャーシステムズ」)と、ソフトバンク株式会社の子会社であるビー・ビー・バックボーン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 戸坂 豪臣、以下「BBバックボーン」)は、sXGP方式を用いたプライベートLTEシステムの販売ならびに構築、運用において協業を開始しました。

 2021年1月に予定されている公衆PHS音声サービス終了や、2023年3月に予定されているPHSテレメタリングサービス終了に伴い、医療施設や工場、建設現場などの内線電話に利用されている自営PHSは徐々に終息へ向かうことが予想されています。

 PHSの後継となるサービスとして、携帯電話で長年実績のある1.9GHz帯の周波数を使用した自営通信用TD-LTE規格で、利用者が免許不要で手軽に自営LTE環境を構築でき、音声通信とデータ通信の同時利用が可能なsXGP方式は、近年注目されているローカル5Gと併せて、新しいプライベートネットワークの通信方式として注目されています。

 さらに、2020年12月に施行された電波法関係省令などの改正で、sXGP方式で使用可能な周波数が拡充されたことで、自営PHSとの干渉を心配することなく、sXGP方式によるプライベートネットワーク環境を構築することが可能になりました。また、免許不要で船舶や列車、航空機などの移動空間でも利用可能になるなど、より一層の利便性向上が見込まれることから、sXGP方式を利用したプライベートネットワークのさらなる普及が期待されています。

 このたび、レンジャーシステムズとBBバックボーンは協業して、sXGP方式を用いたプライベートLTEシステムの販売から構築、運用までを一貫して提供します。BBバックボーンが提供するsXGP方式を用いたプライベートLTEシステムと、レンジャーシステムズの技術ノウハウを組み合わせることで、お客さまに迅速かつ適正な価格でサービスを提供します。また、両社はsXGP方式の初期導入から、将来的なローカル5Gへの移行など含めて、さまざまな視点から企画・検討を提案します。

 <両社の役割 イメージ>

 <システム構成 イメージ>

■レンジャーシステムズについて

 会社名 レンジャーシステムズ株式会社

 代表者 代表取締役 相原 淳嗣

 所在地 東京都港区新橋2-6-1 さくら新橋ビル6F

 URL https://ranger-systems.co.jp/

■BBバックボーンについて

 会社名 ビー・ビー・バックボーン株式会社

 代表者 代表取締役社長 戸坂 豪臣

 所在地 東京都港区東新橋一丁目9番2号 汐留住友ビル27階

 URL https://www.bbbackbone.co.jp/

◆本件に関する問い合わせ先◆

 レンジャーシステムズ株式会社 プラットフォーム事業部 成田

 TEL:03-6257-1850/E-Mail:information@ranger-systems.co.jp

 ビー・ビー・バックボーン株式会社 sXGP普及促進事務局

 E-Mail:sXGP_secretariat@g.bbbackbone.co.jp

 ※このプレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、問い合わせ先などは、発表日時点のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ