PR

ニュース 経済

ニッケ 最終利益過去最高に EC事業好調

 毛織物大手のニッケが14日発表した令和2年11月期連結決算は、最終利益が9・2%増の71億円と過去最高を更新した。

 不織布製造・販売のフジコー(兵庫県伊丹市)を昨年に持分法適用関連会社とし、その際に発生した負ののれんで営業外収益を約32億円計上したことに加え、巣ごもり需要を取り込んだEC(電子商取引)事業の好調なども利益を押し上げた。

 売上高は前年比17%減の1049億円、本業のもうけを示す営業利益は13・6%減の90億円だった。

 3年11月期は、売上高が2%増の1070億円、最終利益は43・8%減の40億円を見込む。学生服の価格改定やコスト削減などで衣料繊維事業の収益改善を図るものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている商業施設事業などで減益となる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ