PR

ニュース 経済

グーグルの買収計画承認 公取委、健康情報で条件

グーグルのロゴ=米カリフォルニア州(ロイター)
グーグルのロゴ=米カリフォルニア州(ロイター)

 公正取引委員会は14日、米グーグルによる腕時計型ウエアラブル端末メーカー、米フィットビットの買収計画を条件付きで承認すると発表した。グーグル側が買収から10年間、フィットビットなどが持つ利用者の健康情報をデジタル広告に使わないと申し出たことなどを前提に「競争を実質的に制限するとは認められない」と判断した。

 体に装着して使うウエアラブル端末は、センサーを通じて人の生体情報を取得する機能などがある。健康関連の情報をデジタル広告に使わないとしたグーグル側の対応は、最長でさらに10年間延長される可能性があるという。

 フィットビットを巡っては、グーグルのデジタル広告市場での地位がさらに強まることへの懸念から、欧州連合(EU)欧州委員会が買収の是非について本格調査を実施。昨年12月に条件付きで認めると公表していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ