PR

ニュース 経済

浜松市ではスーパーシティに関する事業者候補を募集します!

浜松市

 浜松市では、令和元年10月に「デジタルファースト宣言」を行い、デジタルの力を最大限に活かした持続可能な都市づくりの推進を掲げ、デジタル・スマートシティによる「市民QoL(生活の質)の向上」と、「都市の最適化」の実現を目指して取り組んでいます。

 国では、住民が参画し、住民目線で、2030年頃に実現される未来社会を先行実現することを目指し、生活全般にまたがる複数分野の先端的サービスの提供、複数分野間でのデータ連携、大胆な規制改革をポイントとする「スーパーシティ構想」を掲げ、12月より「スーパーシティ型国家戦略特別区域の指定に関する公募」を開始しました。

 本市ではデジタル・スマートシティの更なる推進につなげるため、この公募への応募に向け「データ連携基盤整備事業及び先端的サービスを実施する事業者の候補」を広く募集します。

1 募集内容

 以下の内容を実施する事業者を募集します。

 1.「データ連携基盤整備事業」

 ・都市内の様々な事業やサービスに共通に使用できるデータ基盤を整備する事業

 2.「先端的サービス」

 ・防災/交通/物流/医療/介護/服薬/教育/農業林業/環境保全などの分野による浜松市の社会的課題の解決や市民生活の質の向上に資する先端的なサービス

 (1.又は2.に関するもの、1.2.両方や、複数の2.事業の応募も可能)

2 募集期間

 令和3年1月6日(水)~令和3年1月20日(水)17時必着

3 応募方法

 申込フォームから応募申込を行うとともに、応募書類を浜松市企画調整部企画課へ電子メールにて提出してください。

 応募書類等の詳細は下記Webサイトをご参照ください。

https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/kikaku/supercity/supercity.html

4 審査

 提出された提案書等について、書類審査を実施の上、事業者の候補を選定します。

 ・審査 令和3年1月21日~2月1日

 ・審査結果公表 令和3年2月2日

 【参考】

 ・国による今後のスケジュール

 令和2年12月25日 国によるスーパーシティ公募開始

 令和3年3月26日  国によるスーパーシティ公募締め切り

  4月以降  専門調査会(区域指定の原案の検討)

  国家戦略特区諮問会議(区域指定の案の意見具申)

  政令閣議決定(区域指定)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ