PR

ニュース 経済

シンガポール、独立後最悪のマイナス成長 5・8%減

 シンガポール政府が4日発表した2020年の実質国内総生産(GDP)の速報値は前年比5・8%減だった。1965年の独立後最悪のマイナス成長となった。

 新型コロナウイルスの防疫が比較的成功したシンガポールでも、経済への打撃は深刻だった。建設が3割減、不動産や小売りなどサービス業も大幅に後退した。

 20年10~12月期は前年同期比3・8%減。7~9月期の下げ幅(5・6%減)より改善した。

 シンガポールは新型コロナの流行拡大に伴い、昨年4月上旬から2カ月間、厳しい外出制限を実施した。その後、段階的に緩和し、経済活動の再開を進めている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ