PR

ニュース 経済

NTT、2025年大阪・関西万博で6G展開へ 米国、中国との開発競争で日本の先手狙う 

その他の写真を見る(1/2枚)

 NTTグループが2025年大阪・関西万博の会場で、第5世代(5G)移動通信システムの次世代規格「6G」の展開を検討していることが31日、明らかになった。各国が30年ごろの実用化を目指す6Gは、5Gの「高速大容量」「低遅延」といった性能が大幅に強化され、通信範囲が海や宇宙に広がることも期待される。NTTは万博を足がかりに、5Gでは米国や中国の後手に回った国際開発競争の主導権を、6Gでは日本に取り戻す考えだ。(黒川信雄)

 NTT西日本の小林充佳社長が産経新聞のインタビューに明らかにした。小林氏は5年後の万博開催時には6Gの基本技術が確立されているとし、一定のエリアを「ショーケース」(小林氏)のように、実際に6Gを活用できるようにする構想を表明。「これはすごい、といえるものでないと万博にならない」と述べ、実現に意欲を示した。

 6Gの技術仕様は現時点では国際的に確定していないが、NTTドコモによれば、毎秒100ギガビット以上の超高速・大容量(5Gは最大10ギガビット)▽1平方キロあたり1千万個のデバイス(機器)が接続可能(5Gは100万個)▽空、海、宇宙への通信エリアの拡張-などの実現が期待できる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ