PR

ニュース 経済

中国、アリババ通販サイトなどに罰金 「独身の日」に不当価格表示

アリババグループの本社=中国浙江省杭州市(共同)
アリババグループの本社=中国浙江省杭州市(共同)

 【北京=三塚聖平】中国当局は30日、中国インターネット通販最大手のアリババ集団の「天猫(Tモール)」や、同業大手の京東集団(JDドット・コム)などに不当な価格表示があったとし、各社にそれぞれ50万元(約800万円)の罰金を科す行政処分を決めたと発表した。習近平指導部は、国内の巨大ネット企業の統制に動いており、とりわけアリババに対する圧力が増している。

 国家市場監督管理総局の発表によると、中国で「独身の日」と呼ばれる11月11日のネット通販各社による恒例の値引きセールに合わせて、不当な価格表示が行われていたという。セールでうたった割引の内容と異なる価格表示が行われていたなどと指摘している。

 国家市場監督管理総局は、ネット通販市場で独占行為があった疑いでアリババの立件に向けた調査も進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ