PR

ニュース 経済

三菱UFJ銀頭取に半沢氏発表、「課題解決型サービスにこだわる」

三菱UFJフィナンシャル・グループの亀沢宏規社長、三菱UFJ銀行の新頭取となる半沢淳一常務、三毛兼承頭取(左から)=24日、東京都千代田区
三菱UFJフィナンシャル・グループの亀沢宏規社長、三菱UFJ銀行の新頭取となる半沢淳一常務、三毛兼承頭取(左から)=24日、東京都千代田区

 三菱UFJ銀行は24日、半沢淳一取締役常務執行役員(55)が頭取に昇格する人事を発表した。計13人いる副頭取や専務を抜く異例の人事で、経営体制の若返りを図ることで事業改革を加速させる。三毛兼承頭取(64)は親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の会長に就く。いずれも来年4月1日付。

 24日、都内で会見した半沢氏は、三菱UFJ銀の抱える課題について「顧客基盤、グローバルネットワークという強みを使い切れず、収益性の弱さが見える」と指摘。その上で「お客さまとしっかり向き合い、課題解決型のサービスにこだわっていく」と抱負を述べた。

 半沢氏は、経営の中枢である企画部門で要職を歴任し、現在はコンプライアンス(法令順守)担当トップとして金融犯罪の対策などを担当。また、小説やドラマで人気の「半沢直樹」シリーズ原作者である池井戸潤さんと旧三菱銀行(現三菱UFJ銀行)の同期として知られている。

 半沢淳一(はんざわ・じゅんいち)東大卒。昭和63年三菱銀行。経営企画部長などを経て令和元年6月から取締役常務執行役員。埼玉県出身。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ