PR

ニュース 経済

中国、アリババを調査 独占行為の疑い

中国浙江省杭州市のアリババ集団本社=11月(三塚聖平撮影)
中国浙江省杭州市のアリババ集団本社=11月(三塚聖平撮影)

 中国当局は24日、中国の電子商取引最大手アリババグループを、市場での独占行為があった疑いで立件に向け調査していると発表した。同社傘下で電子決済サービス「アリペイ」を運営するアント・グループに対する指導も実施する。中国政府が進めているインターネット企業への統制強化の一環だ。

 国家市場監督管理総局が「通報に基づいて」アリババの独占行為を調査。中国人民銀行(中央銀行)なども、アントを「公平な競争と消費者保護」などの観点から指導する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ