PR

ニュース 経済

JR九州が24日から営業列車で自動運転 福岡市の香椎線 

試験走行で自動運転の訓練を受けるJR九州の運転士=福岡市東区
試験走行で自動運転の訓練を受けるJR九州の運転士=福岡市東区

 JR九州は22日、福岡市東区の香椎線で、自動列車運転装置(ATO)を導入した列車の営業運転を24日から始めると発表した。列車の自動運転はJR各社が技術開発や走行試験を進めているが、客を乗せた営業列車への導入は全国のJR線で初めて。当面は運転士が乗車する「半自動運転」だが、将来的には運転士資格を持たない係員だけが乗る「ドライバーレス運転」を目指し、コスト削減にもつなげたい考えだ。(小沢慶太)

 自動運転を導入するのは西戸崎-香椎間(12・9キロ)で、午前9時台から午後8時台に上下線合わせて1日24本を運行する。

 運転席には資格を持った運転士1人が乗車する。運転士は発車ボタンのほか、線路上に障害物などを発見した際に緊急停止ボタンを押すだけ。実際の運転や制御は機械が担う。

 同区間には駅が6カ所、踏み切りが16カ所あり、加速や減速、駅での停止などの機能や、トラブルが発生した場合の緊急停止などを検証する。自動運転による運転士への心理的影響も把握する。

 鉄道の自動運転は、踏切がなく、全線高架のモノレールなどですでに導入されている。ただ、導入済みの路線にはATOに加え、トラブルが発生した場合に列車を減速させる保安機能として、自動列車制御装置(ATC)を備えている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ