PR

ニュース 経済

「先進技術に重大影響」 米禁輸で中国半導体大手

中芯国際集成電路製造(SMIC)の本社ビル=10月、中国上海市(共同)
中芯国際集成電路製造(SMIC)の本社ビル=10月、中国上海市(共同)

 中国の半導体受託製造大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は、米商務省が同社を輸出禁止措置の対象に追加したとの発表を受け21日までに「先進技術の研究開発に重大な影響がある」とする声明を出した。

 米商務省は同社を中国軍の影響下にあると位置付け、安全保障上の脅威と判断したが、SMICは声明で軍事への関わりを否定。米国の禁輸措置は短期的には事業や財務に大きな影響は出ないが、スマートフォンなどに使う配線間隔10ナノメートル以下の半導体の研究開発には重大な影響が出るとした。

 トランプ米政権はハイテク分野で中国企業の排除を進めており、18日にSMICや小型無人機ドローンの世界最大手であるDJIなどを輸出禁止措置の対象に追加したと発表した。SMICは中国が半導体の自給率向上を目指す戦略の中核を担っている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ