PR

ニュース 経済

関西みらい銀、店舗集約1年前倒し 3人で運営の「軽量店舗」も出店

コスト削減の徹底による経営効率化を進めるとした関西みらいフィナンシャルグループの菅哲哉社長=大阪市中央区
コスト削減の徹底による経営効率化を進めるとした関西みらいフィナンシャルグループの菅哲哉社長=大阪市中央区

 関西みらいフィナンシャルグループの菅哲哉社長は産経新聞のインタビューに応じ、傘下の関西みらい銀行の約90店を集約するとした目標を1年前倒しし、来年度に完了させる方針を明らかにした。さらに「プラスアルファ30カ店はやらないといけない」と上積みする意向も示し、合わせて約120店を集約する。りそなホールディングス(HD)による完全子会社化で、徹底した経営効率化を進める。

 関西みらい銀では、約270店のうち約90の近隣店舗を実質的に統合する「共同店舗化」を進めている。菅社長は「完全子会社化で共同店舗の選択肢が増える」と述べ、りそな銀行、傘下のみなと銀行(本店・神戸市)を含めた店舗集約に意欲を示した。

 また、3人で運営する「軽量化店舗」を今年度内に関西みらい銀で出店することも明らかにした。 

 りそなHD完全子会社化の効果に本部機能のスリム化を挙げ、部長職の兼務などポストの削減で経費削減を徹底すると強調。若手行員を中心にりそなグループとの人事交流も進める。

 各地で進む地方銀行の再編については「具体的な話はない」としたうえで、りそなHDのスマートフォンアプリや資産運用サービスなどを例に挙げ、「(他行との連携で)プラットフォーム(受け皿)になりたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ