PR

ニュース 経済

米、つなぎ予算延長へ 9日採決、政府閉鎖回避へ綱渡り コロナ対策など与野党に溝

 【ワシントン=塩原永久】米議会は7日、11日に期限を迎える連邦政府のつなぎ予算を1週間延長する方向で調整に入った。下院民主党幹部は9日に、つなぎ予算の法案を採決する方針を示した。つなぎ予算が切れれば政府機関が閉鎖に追い込まれる恐れがある。与野党は延長した18日までに、新型コロナウイルスの追加経済対策を含む予算案の合意を急ぐが、綱渡りの予算運営が続いている。

 共和党と民主党の指導部は、追加経済対策を、つなぎ予算に代わる包括的な予算案に盛り込んで審議、採決したい意向だ。追加対策をめぐっては、超党派の議員が9080億ドル(約94兆円)の予算案の大枠をまとめ、与野党が交渉しているが、溝が埋まっていない。

 下院民主党のホイヤー院内総務は7日、「合意に至っていないのは残念だ」とツイッターに投稿。当面の政府支出をまかなうつなぎ予算を延長し、その間、追加対策を含めた予算案について与野党が歩み寄ることに期待を示した。

 一方、既存の経済対策で実施されてきた失業給付の上乗せや、家賃滞納による立ち退き猶予などが、月末に期限切れとなる。そのため追加対策の成立が遅れれば、景気の二番底につながる消費の失速を招きかねないとの懸念が出ている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ