PR

ニュース 経済

令和2年上半期のVC投資、前期比34・9%減 VEC調べ

 ベンチャー企業への投資動向を調査するベンチャーエンタープライズセンター(VEC、東京都千代田区)は3日、同日発刊した「ベンチャー白書2020」のなかで、ベンチャーキャピタル(VC)による令和2年上半期(1~6月)の投資額が前期(元年7~12月)比34・9%減の1055億円にとどまったことを明らかにした。

 新型コロナウイルス感染拡大による経済混乱で、一部のVCでベンチャー企業への直接投資を一時見合わせた影響とみられる。ただ水準としてはベンチャー投資が増え始めた平成29年下半期(7~12月)の933億円を上回っている。

 VCがベンチャー投資のために企業から資金を集めた基金(ファンド)の総額は、令和2年上半期が1659億円で、前期比2・2%減にとどまった。

 VECがVC134社に調査票を送付し、回答を寄せた112社を集計した。

 調査にあたったVECの市川隆司理事長は「オンラインを活用したビジネスや宅配など、コロナ禍で新たなベンチャーも立ち上がっている。安価にベンチャー企業へ投資できるチャンスととらえるVCも多い」と分析している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ