PR

ニュース 経済

東証株、190円高の2万6624円で始まる 一時200円超

 1日午前の東京株式市場は日経平均株価が反発し、前日終値比190円58銭高の2万6624円20銭で取引が始まった。上げは幅は一時、200円を超えた。新型コロナウイルスのワクチンの早期実用化に対する期待感を背景に、相対的に安全な通貨とされる円を売ってドルを買う動きが広がり、円安が進んだことで輸出株を中心に買い注文が優勢となった。

 東証株価指数(TOPIX)は10・63ポイント高の1765・55で午前の取引が始まった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ