PR

ニュース 経済

住友重機械工業、金沢工業大学と協働ロボットに関する協業始動 共演第一弾となるウェブセミナーを、12月15日開催

 住友重機械工業株式会社 メカトロニクス事業部(本社:東京都品川区、代表取締役,CEO:下村真司)は、協働ロボットSawyerの30分セミナーを、オンラインで開催します。

 1.背景

 金沢工業大学 (石川県野々市市) は、メカトロニクス事業部が扱う協働ロボットSawyerを活用した教育研究の取組みを、同大学にて2021年4月より開始いたします。

 大学の叡智と当社で培った技術を共有し、ロボットが人と同じ空間で作業を分担したり、人の作業を補助したりするフィールドワークを、大学の本拠地である石川県において行います。

 ロボットの用途拡大に挑戦するとともに、地方創生の一助となるよう貢献してまいります。

 第一弾の活動として、ウェブセミナーに大学をお招きし、Sawyerの特徴であるROS(Robot OS, ロス)の教育およびその重要性を語っていただきます。

 また、同大学は、来年7月に開催予定のWorld Robot Summit (主催:経産省およびNEDO, 詳細末尾) への出場を検討しています。

 過去の参加実績やSawyerを使った仮想事例を講演いただきます。

 2.ウェブセミナー開催概要

 (1)開催日時

 2020年12月15日(火)13:00~13:30

 ※オンラインでの開催となります。お申込者に接続URLをお送りします。

 (2)詳細とお申込み:https://info.shi-mechatronics.com/l/845523/2020-11-26/83j8c

 (3)内容

 (1)協業の意義(当社メカトロニクス事業部)

 (2)World Robot Summitにおける取組について(金沢工業大学)

 (3)Sawyer を利用した今後の取組構想(同上)

 3.World Robot Summit について

 ・大会名: World Robot Summit 2020

 ・概要:日本政府(経産省とNEDO)が主催する初のロボット国際競技会と国際展示会。

 ・目的:人間とロボットが共生し協働する世界の実現に向けて、世界の高度なロボット技術を結させて競争を通じて技術開発を加速すると同時に、ロボットが実際の課題を解決する姿を示して人々のロボットへの理解を深め、ロボットの社会実装を促進すること

 ・主催:経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

 ・会期:2021年7月上旬(新型コロナの影響で2021年に延期。調整中)

 ・会場:愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)

 ・実績:2018年プレ大会(後援:総務省、文科省、厚労省、農林水産省、国土交通省)

 ・会 期:2018年10月17日(水)~21日(日)

 ・会 場:東京ビッグサイト 東 6・7・8ホール

 ・競技者:23ヵ国・地域、126チーム

 ・来場人数:76,374名

 ・ URL: https://worldrobotsummit.org/

動画プレスリリース・動画ニュースリリース詳細へ

PR TIMES TVトップへ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ