PR

ニュース 経済

【ブルーライトが及ぼす影響は大きかった!】眼科医に調査!コロナ禍は目の不調を訴える患者が増加!?テレワーク疲れの目に効果的なケア方法とは?

株式会社アップビート

 アイケアには目薬ではなく〇〇!?

 株式会社アップビート(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:大野木 眞理)は、眼科医を対象に「ブルーライトが及ぼす影響」に関する調査を実施しました。

 「テレワークの影響で目が疲れやすい…」

 「最近肩こりが気になる」

 「目がショボショボする…」

 このような悩みはありませんか?

 もしかしたらその悩み、"ブルーライト"が原因かもしれません。

 普段よく使っているスマホやPC、タブレットや照明など、様々なところで私たちはブルーライトを浴びています。

 では、ブルーライトを浴びると、どのような影響があるのでしょうか?

 そこで今回、疲れ目と体のリラクゼーションサロン『目の美容院』https://menobiyouin.com/)を運営する株式会社アップビートは、眼科医を対象に「ブルーライトが及ぼす影響」に関する調査を実施しました。

ブルーライトが与える影響とは?

 はじめに、知らず知らずに浴びていると言われるブルーライトが及ぼす影響について伺っていきたいと思います。

 「ブルーライトが目に及ぼす影響は何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、眼精疲労53.6%)』と回答した方が最も多く、次いで視力の低下48.6%)』『ライアイ43.4%)』『目のかすみ31.3%)』と続きました。

 IT化が加速している現代社会では、仕事やプライベートでスマホやPCを毎日長時間利用している方も多いため、ブルーライトがさまざまな症状を引き起こすひとつの原因になっているのかもしれません。

 また、コロナ禍で動画の視聴時間が増加した方、本ではなくタブレット端末などを使用して読書をする習慣があるような方も注意したいですね。

 では、ブルーライトは目以外で私たちの体にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。

 「ブルーライトが及ぼす"目以外"の影響は何ですか?」と質問したところ、頭痛45.8%)』と回答した方が最も多く、次いで肩こり45.1%)』『倦怠感32.4%)』『めまい28.7%)』『慢性的な疲労(26.2%)』と続きました。

 ブルーライトは目だけでなく、体にとっても良くない影響を及ぼしていることが判明しました。

 頭痛や肩こりなどに悩まされている方は、一度ブルーライトを浴びすぎていないか、スマホやPCなどの利用時間の見直してみると良いかもしれませんね。

 ここで、眼科医の皆さんに、ブルーライトを長時間浴びると起こる具体的な症状を伺いました。

■ブルーライトを長時間浴びることで起こる症状について

 ・慢性的な目の奥の痛みや涙(40代/女性/東京都)

 ・めまい、耳鳴りなどの神経系の不調による日常生活への支障(40代/女性/岡山県)

 ・イライラしやすくなる(40代/男性/香川県)

 ・目の疲労が激しく肩こり片頭痛がおこる(50代/男性/京都府)

 このような回答が集まりました。

 ブルーライトは、目はもちろん体の機能にも悪影響を及ぼしていることが明らかになりました。

 体の不調が起こった際は、一度ブルーライトを発するアイテムから離れ、遠くや木々を見るなどして目と体を休めてリラックスする時間を作ってみると良いかもしれませんね。

目の悩みを抱える患者が急増中!?ついついやってしまいがちな"目に悪いこと"とは?

 ブルーライトは目の症状だけでなく、体の不調を引き起こす原因になっている可能性があることが判明しました。

 では、テレワークが増えた今年、眼科に通う患者さんたちが訴える症状に変化は起きているのでしょうか。

 「外出自粛やテレワークが増えたことにより、患者の症状に変化はありましたか?(複数回答可)」と質問したところ、モノがぼやけて見えると訴える患者が増えた39.1%)』と回答した方が最も多く、次いで著しい視力低下がみられる患者が増えた38.4%)』『ドライアイ患者が増えた38.0%)』目のかすみや視界の歪みを訴える患者が増えた29.1%)』と続きました。

 やはりコロナ禍でテレワークやおうち時間が以前よりも増えた結果、スマホやPCに触れる機会も増え、実際に目の調子に変化が起こったことに気が付き眼科に通った患者さんが多いようです。

 では、身近にあるアイテムの中で、何が最も目に影響を与えているのでしょうか?

 そこで、「この中で目に影響を与えやすいものを教えてください(上位3つ選択)」と質問したところ、PC81.9%)』と回答した方が最も多く、次いでスマホ80.5%)』『ゲーム機73.0%)』LEDライト36.5%)』と続きました。

 仕事でもプライベートでも使用することが多いPCやスマホは、思っている以上に長時間利用している可能性があります。目のことを考えると、利用方法を見直す必要がありそうです。

 そこで、眼科医から見て目の負担を減らす方法はあるのかを伺いました。

 「普段の生活で、目に負担を与えないためにも気を付けるべきことは何ですか?(上位3つ選択)」と質問したところ、長時間のスマホの利用74.3%)』と回答した方が最も多く、PC眼鏡をかけずにPC作業をすること74.0%)』『時間を決めずにゲームをすること70.9%)』『1日中照明をつけっぱなしにすること40.8%)』と続きました。

 スマホの1日の使用時間を決めたり、ブルーライトカット効果のある画面保護シートやPC眼鏡などのアイテムを活用したりするなど、目を労わっていきたいですね。

アイケアですべきことはマッサージ!血の巡りが重要になる理由とは?

 ここまでの調査で、ブルーライトを発しているPCやスマホなどの使用に注意しないと、目だけでなく体の不調に繋がる可能性があることが判明しました。

 では、目から始まる体の不調を改善するためのケアは、どのようなことを取り入れると良いのでしょうか。

 そこで、「眼精疲労を改善するためにも、アイケアですべきことは何ですか?(複数回答可)」と質問したところ、目元のマッサージ48.4%)』と回答した方が最も多く、次いでホットアイマスク39.2%)』『目薬をさす31.6%)』頭皮マッサージ31.0%)』と続きました。

 マッサージやホットアイマスクなど、主に目元の血流を良くするようなケアが重要だと考える眼科医が多いことが分かりました。

 目から始まる体の不調を防ぐためには、目の周りの血流を良くすることが重要になりそうです。

 目元の凝りを改善するために血の巡りを意識するだけでも、体の不調を防ぐことに繋がるかもしれません。

 そこで最後に、「眼精疲労には、"全身の血の巡り"が重要になってくると思いますか?」という質問をしたところ、なんと9割以上がかなり重要になると思う50.1%)』重要になると思う45.4%)』と回答しました。

 私たち人間の感覚を左右する大切な目の調子には、全身の血の巡りが大きく関係していると考える眼科医が圧倒的に多いようです。

 目元のマッサージはもちろんのこと、首や肩、足元など全身の血の巡りを意識したケアをすることができれば、眼精疲労の解消や目の症状の回避に繋がるのかもしれません。

 セルフケアで出来る簡単なケアを取り入れ、セルフケアが難しい部分はプロの手に頼るなどして目の疲れを翌日に持ち越さないようにケアしていきましょう。

【まとめ】コロナ禍では目の不調にも要注意!

 今回の調査で、ブルーライトは眼精疲労視力の低下といった影響を及ぼしていることが分かりました。

 また、目以外に及ぼす影響としては頭痛や肩こりなどがあることが分かり、普段の生活の中で私たちが気づかないうちに、ブルーライトによって目や身体に大きな負担がかかっているようです。

 外出自粛やテレワークが増えたことにより、PCで作業することだけでなく、SNSや動画配信サービスを見る時間も増えたと思います。

 そのため、モノがぼやけて見える、著しい視力低下などの症状に悩む患者が増えてきたのかもしれません。

 眼精疲労の対策に、目元のマッサージやホットアイマスクをすべきと眼科医も回答していますが、実は、目の疲れには"全身の血の巡り"も重要になってきます。

 しかし、「全身の血の巡りを良くするには何をしたらいいの?」と思う方も多いでしょう。

 そんなときは、プロの手を借りて対策するのが良いかもしれません。

目の疲れを癒すなら目の美容院

 テレワークやスマホの使い過ぎによって眼疲労を感じている方におすすめなのが、株式会社アップビートが運営する『目の美容院』https://menobiyouin.com/)です。

 『目の美容院』はアイケアを中心に、フェイスライン・足裏・手等を始めとする全身マッサージを行い、目元だけでなく全身の疲労感を緩和します。目元の悩みを内側から解決に導くサポートを致します。

 中医学をベースにし、経路に沿って「ハンド」「磁気」を用いて身体全体の自然治癒力を促す施術を行っています。

 さらに、高濃度酸素を吸っていただきながらのお手入れにより、全身にリフレッシュ感を覚えていただけるでしょう。

 施術を受けていただくことで、体全体の血の巡りの促進により眼疲労を和らげます。

 健康の秘訣は目にありました。

POINT1.磁気

 磁気美容「磁気のちから」でツボケア

POINT2.酸素

 高濃度酸素を吸いながら疲労回復と血液さらさらリフレッシュ

POINT3.手技

 中医学に基づいたツボ刺激で疲れをリセット

 目の美容院では4つのコースをご用意。

 目の不快感はもちろん、眼疲労(疲れ目)からくる肩こり・頭の重さなどの目の不調からくる症状をスッキリさせるために、足のお手入れが非常に重要です。

 そのため、ショートコース以外はすべて足のお手入れがコース内容に含まれております。

 足のお手入れをすることで、目のツボ押しの効果をアップさせ、同時に内蔵のツボもしっかりと刺激します。

 もちろん女性だけでなく、男性の方も目元のケアは重要です。

 お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんに「目の美容院」を体験していただきました。

 その結果、「気持ちよかった」「自分に変化が出る」などといった感想をいただいております。

 ペナルティ ヒデさんの「目の美容院」体験動画はコチラ↓

■感染対策も徹底!

 店内換気の徹底

 スタッフ出勤時の検温実施

 お客様ご来店時の検温・手指消毒・体調確認を実施 体調のすぐれないお客様は施術をお断りしています

 スタッフの常時マスク着用

 スタッフは施術前・後に徹底した手指消毒を実施

 スタッフの誘導によりお客様同士が近距離で接することのないようご案内

 ※ご来店時に検温をさせていただきます。丁寧に手指の消毒をお願い致します。

 施術は、技術指導・研修を積んだ本部認定スタッフであるアイソロジストが担当します。

 安心してお試しくださいませ。

 目の美容院で血の巡りを良くし、眼疲労を緩和させませんか?

 ■株式会社アップビート:https://menobiyouin.com/

 ■お問い合わせ:https://menobiyouin.com/customer-inquiry/

 ■電話番号:03-5791-2668

 調査概要:「ブルーライトが及ぼす影響」に関する調査

 【調査期間】2020年10月30日(金)~ 2020年11月4日(水)

 【調査方法】インターネット調査

 【調査人数】1,028人

 【調査対象】眼科医

 【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ