PR

ニュース 経済

話す力を強みに変えるスクール「goodspeak」新クラス開講に伴い、無料体験会の参加募集を開始

株式会社カエカ

 スピーチ原稿を作成し、話し方のトレーニングを行う法人向け、政治家向けライティング・トレーニング事業と、個人向けのスピーチスクール事業「goodspeak」を運営する株式会社カエカ(東京都渋谷区、代表取締役社長:千葉 佳織、URL:https://kaeka.jp )は、話す力を強みに変えるスクール「goodspeak」(URL: https://goodspeak.kaeka.jp/ )新クラスの開講に伴い、無料体験会の参加募集を開始いたします。

■新クラス開講について

 「goodspeak」(https://goodspeak.kaeka.jp/)は、話す力を本格的に学習するスクールです。

 体系的に学習した先に、ビジネスや日常生活に変化を与えることを目的とします。

 コミュニケーションを円滑にし、人に共感してもらうことは、自分の理想に近づくための強力なツールになります。そして、人を惹きつけられる自己表現力の必要性は、人生に転機を見出したいすべての人にとって欠かせない能力になっています。これらを学習できる場所が「goodspeak」です。

 少しでも多くの方に話す力を身に着けていただくために、新クラスの開講を決定いたしました。

■無料体験会の募集開始

 本スクールのカリキュラムを体験していただくために、無料体験会を実施いたします。

【無料体験会申し込み】

https://form.run/@kaeka-1594346025

【体験会内容】

 話すことに関する課題のヒアリング、スクールの概要説明、体験授業を行います。

【開催日時】

 ・12/12(土) 13:00~15:00

 ・12/12(土) 16:00~18:00

 ・12/19(土) 10:30~12:30

 ・12/26(土) 14:00~16:00

 ※各回定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

■goodspeak概要

▼インターナルコース(全7回):内容の充実を目指す思考訓練

 自己紹介、経験の描写力、自己開示、価値観の生成、声質の強化、緊張の解放に向けたマインド構築などを通して、自分だからこそ語れる充実感ある言葉を紡ぐ方法を習得します。

▼エクスターナルコース(全7回):目的や環境に応じた表現技法

 説得力ある構成、冒頭の工夫、キーワードの生成、振る舞いの強化、惹きつける表現力、声色の使い分けなどを通して、相手に効果的に伝える方法を習得します。

▼コンプリートコース(全13回):内容の充実と幅広い表現を兼ね備えた話す力

 インターナル、エクスターナル両面から話す力を向上させます。伝えたいことを効果的に伝えるための言語力や構成力、明快に堂々と話すための表現力など、印象に残り、頼りがいがあり、共感を呼ぶ話す力を得ることができます。

■力がつく仕組み

 ・理論に基づき設計されたカリキュラムで体系的な学習が可能

 ・豊富な実践機会とはなしのプロからの的確なフィードバック

 ・課題学習と専任のアシスタントが学習の継続をサポート

■受講生の声

 下記URLにgoodspeak受講生の声が掲載されています。

https://goodspeak.kaeka.jp/#interview

■お問い合わせ

 本件に関するご相談は、下記宛先までご連絡ください。

 株式会社カエカ

 担当:樋口

 Tel: 080-4402-1203

 E-mail: higuchi@kaeka.jp

【株式会社カエカ】

 ■株式会社カエカ

 株式会社カエカは「すべての人が話し手となりチャンスを掴む社会」の実現に向け、スピーチに関するライティング・トレーニング・スクール・ライブ事業を展開しています。自由な発信ができる新しい時代を迎えた今、話す力への取り組みはこれまで以上に重要になります。「話す力の強化」により、AIやテクノロジーでは補えない「人間として発揮できる価値の充実」を目指し、事業を展開しています。

 【会社概要】

 会社名 :株式会社カエカ

 代表者 :代表取締役社長 千葉 佳織

 設 立 :2019年12月03日

 所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F

 コーポレートサイト:https://kaeka.jp/

 【本プレスリリースに関するお問合せ先】

 株式会社カエカ

 担当:樋口

 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-6 西田ビル5F

 Tel: 080-4402-1203

 E-mail: higuchi@kaeka.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ